創業時期は不明です – うどん・そば 車

うどん そば 車
うどん そば 車 メニュー
うどん そば 車 カレーそば

雨の朝に訪問。
場所は目白駅の西側、交番の脇の抜け道の階段の途中にあります。

朝で雨のせいかお客さんがほぼいなかったのですが、かき揚げ20個ぐらい仕込んだのがありましたので、時間帯によってはお客さんが多いんでしょう。
店内は意外と広く、椅子席が14席、更に立ち食いで7、8人は入れるでしょうか。
券売機も2台あります。

そばは茹で麺でつゆはほとんどなく、ポタージュぐらいのとろみのカレーがのってます。
ですので、ほぼカレーライスのカレーがかかっているような感じです。
豚肉後のせです。
変わり映えしないカレーそばでもお店によって味がそれぞれ違うところが面白いところではあると思います。
店員さんにいつ頃から営業してるのか聞いてみたものの、「私が来る前から」との返答でした、、、。

駅の東側の坂を下ると切手の博物館があります。
切手、デザイン好きなら1日居ても退屈しないと思います。
グワシ!ポストが出迎えてくれますが残念ながら現在休業中です。

切手の博物館

価格などの店舗の情報は記事の公開時点のものでありその後変更されている場合があります。ご了承ください。
訪問の際は店舗へご確認ください。

コメントを投稿する

コメントは運営者が承認後に表示されます

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  1. ソウチャン より:

    昭和48頃にはありました。その頃は車カレーといってました。この店の先に下りて行くとロゴス外語学院、雀荘大三元がありました。

  2. 編集長 より:

    情報ありがとうございます!。
    歴史のあるお店なんですね、少し驚きです。