50年前から同じ味 – ひろ吉

ひろ吉
ひろ吉 カレーそば

千川通りの一本裏にあります。
入口に近いカウンターの中に1960年製の油圧式だそうです、押し出し式製麺機と大きな鍋があります。
製造したメーカーは今でもあるのですが、修理はご自身でされているとの事でした。

飲み屋的な店構えです、店内もカウンターと2人用の小テーブルが一つで、飲み屋みたいですがそば屋です。

おしながきが店内に溢れていて、カレーそば目当てでなければちょっと迷うかも知れません。
カレーそばも「カツカレーそば」、「カレー鍋煮込そば」があります。

黄色みがかったカレーそば(650円)はピリ辛ですがおいしいです。
色からは想像できない他ではなかなか味わえない独特のカレーです。
具は玉ねぎと豚肉で50年ずっと変えずに作っているそうです。
50年前からこの味でしたら当時はかなりとんがっていた味じゃないでしょうか。
薬味のねぎに天かすがついていたので入れてみましたが、カレーそばに合いますね。

十数年前に表通り脇の花屋の横から今の場所に移転したそうです。
練馬からも徒歩圏内です。

価格などの店舗の情報は、公開時点のものであり、その後変更されている場合があります。ご了承ください。
訪問の際は店舗へご確認ください。

コメントを投稿する

コメントは運営者が承認後に表示されます

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA